サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ライツ新王者の名取鉄平、目標の戴冠も接触の結末に「複雑な気持ち」

ここから本文です
 10月16~17日、栃木県のツインリンクもてぎで開催された全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6大会。チャンピオン争いは3人に絞られていたなかで第15戦/第16戦/第17戦という3レースが開催されたが、10月17日の第16戦の段階でチャンピオンが名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)に決まった。

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツの最終大会となる今回のもてぎラウンドは、第1戦から優勝を飾り、第4大会まで毎ラウンド優勝を重ねてきた名取が選手権をリードし迎えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン