サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキとダイハツ、ライバル2社が軽商用事業で協業。トヨタ、いすゞ、日野の商用事業に加わる

ここから本文です
スズキとダイハツは7月21日、軽自動車においてCASE技術の普及を通じたカーボンニュートラルへの取り組みを加速することを目指し、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership(以下、CPJ)に参画することを発表した。参画にあたり、スズキ、ダイハツの2社はトヨタが保有する「Commercial Japan Partnership Technologies」の株式を発行済株数の10%ずつ譲り受ける。

スズキとダイハツが得意とする軽自動車は、日本の自動車保有約7800万台のうち約3100万台を占め、地方部を中心に日常生活に欠かせない「ライフライン」。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン