サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」ポルシェ未来形、スポーツEVの代表タイカン・ターボの衝撃パフォーマンスとその課題

ここから本文です

鮮烈なロー&ワイドフォルム。ターボは高性能を示す「記号」として活用

 日本でも正式デリバリーがスタートしたタイカンに試乗した。タイカンはポルシェ初の量産BEVである。試乗グレードは、ターボ。シリーズ頂点に立つターボSに次ぐパフォーマンスの持ち主である。もちろん、エンジンを持たないタイカンにターボチャージャーの装備はない。ポルシェにとって「ターボ」のネーミングは、高性能モデルを意味する。

ポルシェ911(992)のハイパフォーマンスバージョン「GT3」が日本での予約受注を開始

 タイカンが発するオーラは、とんでもなく強烈だ。標準の20インチに対して1インチ大径のミッションEホイールをオプション装着していた関係もあり、精悍な印象にあふれていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン