サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シューマッハー、2022年型F1マシンには「うまくいけば小さなアドバンテージを与えてくれる何かがあるかも」

ここから本文です

 ミック・シューマッハーは、2月に初めてハースの2022年型マシンに乗ることになる。ハースはチームでシミュレーターを所有していないため、シューマッハーはバルセロナのコースに赴いて新マシンを走行させる。

 F1でのシーズン前の準備は、チームとドライバーが長時間のシミュレーター作業を行うのが常だ。また、2022年シーズンには大幅なレギュレーション変更があることから、数カ月前から下準備が行われてきた。

ハースF1の2022年型『VF-22』がクラッシュテストに合格

 しかしながら、バンベリーにあるハースのファクトリーにはシミュレーターが備わっていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン