サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、次世代WRCの技術規定を承認。2022年からプラグイン・ハイブリッドマシンに

ここから本文です
 FIAの世界モータースポーツ評議会(WMSC)は、WRCの技術規定であるラリー1規定を承認した。2022年から導入される予定の次世代WRC車両には、100kWのプラグインハイブリッドシステムが搭載されることになる。

 この技術は、ステージでのパワーアップだけでなく、ロードセクションでの使用も視野に入れられている。今年3月には、このハイブリッドシステムの単独サプライヤーがドイツのコンパクト・ダイナミクス社に決まっており、システムのテストは来年2月から行なわれることになっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ