サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECスパ・フランコルシャン:シーズン再開初戦……目まぐるしく変わる天候。タイトル狙うトヨタ7号車が優勝

ここから本文です

 世界耐久選手権(WEC)第6戦スパ6時間の決勝レースが行なわれ、7号車トヨタTS050 Hybridが優勝。8号車も2位に入った。

 コロナ禍の影響で6ヵ月以上中断されていたWECは、スパ・フランコルシャンでシーズン再開レースを迎えた。

■F2バルセロナレース1:松下信治、18番手スタートから驚異の大逆転優勝! 角田裕毅は4位

 ル・マン24時間レースの前哨戦とも言えるこのレースに、トヨタTS050勢はローダウンフォース仕様パッケージを投入。ジネッタ勢は前戦に引き続き欠場した一方、バイコレス4号車が参戦。LMP2クラスのユーラシア・モータースポーツ35号車からは、山中信哉がエントリーした。

おすすめのニュース

サイトトップへ