現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 実車 アルピナB7日本上陸 改良新型の0-100km/h加速、従来型比マイナス0.6秒

ここから本文です

実車 アルピナB7日本上陸 改良新型の0-100km/h加速、従来型比マイナス0.6秒

掲載 更新
実車 アルピナB7日本上陸 改良新型の0-100km/h加速、従来型比マイナス0.6秒

日本上陸1号車 写真70枚

新しくなったアルピナB7が日本上陸を果たした。包括的なアップデート、最先端の運転支援機能とコネクティビティ・システムを採用したのがトピックだ。

【画像】改良新型アルピナB7 全70枚

エンジン:4.4ℓV8
最高出力:608ps
最大トルク:81.6kg-m
0-100km/h加速:3.6秒
巡航最高速度:330km

ボンネットの下には、2つのツイン・スクロール・ターボ・チャージャー、ガソリン・ダイレクト・インジェクション、バルブトロニックを搭載した最新の4.4ℓV8を搭載。独自のインタークーラーは、V8の2つのシリンダー・バンクをつなぎ、圧力損失を減らすイコライザーのように機能。新エンジン・マネジメント・ソフトウェアを組み合わせることにより、2000rpmから5000rpmにおいて、20%増加したピークトルクを発生する。

スロットル・レスポンスが著しく改善し、より強力な駆動力が供給されるようになり、静止状態からわずか3.6秒(従来モデルは4.2秒)で100km/hまで加速する。

シャシーに関しては、最新のサスペンション技術により俊敏性とハンドリング精度を高めたのが特徴。

ダイナミック・ダンパー・コントロールとロード・プレビュー機能付きのアクティブ・コンフォート・ドライブを組み合わせた2軸エア・サスペンション・システムは走行快適性をもたらすだけでなく、アクティブ・ロール・スタビライザーによってコーナリング時のボディロールを最小限に抑制。また、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングを採用し、後輪操舵によってクラス最高レベルの動的性能と軽快なハンドリングを実現した。

また、減衰特性に影響するエレクトロニック・ダンパー・コントロールの設定も、ドライビング・エクスペリエンス・コントロール・スイッチを使用して選択可能。コンフォート・プラスから、アルピナ・スポーツ・プラスまで、幅広いモード設定が用意されている。

アルピナだけの上質な内装

AWDシステムは、BMW xドライブの技術をベースにしながら、トルクを前後アクスル間で数ミリ秒以内に連続的かつ完全に可変配分し、トラクションと操作性を最大限に高めることができる。

こうした高性能ドライブ・トレインとAWDシステムを組み合わせたインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングは、ステアリング・ギヤ・レシオを可変制御するアクティブ・ステアリングのフロント・アクスルと、最大3°の操舵が可能なリア・アクスルで構成。アルピナのサスペンションとミシュラン・タイヤに合わせて特別セッティングされた本システムは、低回転域では後輪を前輪と逆位相に、高速域では後輪と前輪が同位相に操舵する。

インテリアは、上質なナッパ・レザー、マルチファンクション・コンフォート・シート、レザー・フィニッシュ・ダッシュボード、ソフト・クローズ・ドアなどが含まれ、フルカラーのヘッドアップ・ディスプレイ、リアビュー・カメラ、最新のBMWナビゲーション/コミュニケーション・システムなどの装備も快適なドライビングをサポートする。

さらに、フルカラーの最新式デジタル・メーターディスプレイは、新デザインを採用。選択した走行モードに応じてクラシックまたはダイナミックなデザインとなる。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

[15秒でわかる]トヨタ『GR 86』改良新型…限定特別仕様も
[15秒でわかる]トヨタ『GR 86』改良新型…限定特別仕様も
レスポンス
シートベルトに付いてる「謎のボタン」何の意味? 「大切なモノ」だった? 意外と知らない役割とは
シートベルトに付いてる「謎のボタン」何の意味? 「大切なモノ」だった? 意外と知らない役割とは
くるまのニュース
バイク乗りはドM!? そう言われる理由とは
バイク乗りはドM!? そう言われる理由とは
バイクのニュース
ハースのおかげで、アウディと契約できた……ヒュルケンベルグ、移籍の決断は簡単なモノじゃなかった「今年も最後の最後まで100%尽くす」
ハースのおかげで、アウディと契約できた……ヒュルケンベルグ、移籍の決断は簡単なモノじゃなかった「今年も最後の最後まで100%尽くす」
motorsport.com 日本版
WRCラトビアは「全員にとって新しいラリー」。経験が試される一戦に/第8戦 事前コメント
WRCラトビアは「全員にとって新しいラリー」。経験が試される一戦に/第8戦 事前コメント
AUTOSPORT web
BMW『X3』に直6エンジン搭載、シリーズ頂点の「M50 xDrive」がワールドプレミア
BMW『X3』に直6エンジン搭載、シリーズ頂点の「M50 xDrive」がワールドプレミア
レスポンス
さすがスズキ!! 他のメーカーと考えが逆!? カーボンニュートラルのとらえ方がらしさ満点すぎ
さすがスズキ!! 他のメーカーと考えが逆!? カーボンニュートラルのとらえ方がらしさ満点すぎ
ベストカーWeb
“よゐこ”濱口の愛車「斬新・2階建て軽トラ」実車公開! オシャレすぎ「ベージュ&カーキ」がカッコイイ! めちゃ画期的な「スゴい軽トラ」を披露
“よゐこ”濱口の愛車「斬新・2階建て軽トラ」実車公開! オシャレすぎ「ベージュ&カーキ」がカッコイイ! めちゃ画期的な「スゴい軽トラ」を披露
くるまのニュース
角田裕毅、トップチーム昇格の準備は整ったと自信「リアムが先に昇格するなら奇妙……でも、レッドブルはどうすればいいか分かっているはずです」
角田裕毅、トップチーム昇格の準備は整ったと自信「リアムが先に昇格するなら奇妙……でも、レッドブルはどうすればいいか分かっているはずです」
motorsport.com 日本版
トヨタ「クラウン“軽”」公開に大反響! シリーズ初の「軽」は斬新ボディ&“画期的”な素材を採用! 「ランクル“軽”」にも熱視線!
トヨタ「クラウン“軽”」公開に大反響! シリーズ初の「軽」は斬新ボディ&“画期的”な素材を採用! 「ランクル“軽”」にも熱視線!
くるまのニュース
応援ソングを演奏する長瀬智也氏「2024鈴鹿8耐」でスペシャルサプライズ 決勝後の表彰台に登場
応援ソングを演奏する長瀬智也氏「2024鈴鹿8耐」でスペシャルサプライズ 決勝後の表彰台に登場
バイクのニュース
スーパーGTマシンや選手&レースクィーンが箱根に集結! アネスト岩田ターンパイク箱根にてスペシャルイベント「BLUE LINK FES.@HAKONE」の開催が決定
スーパーGTマシンや選手&レースクィーンが箱根に集結! アネスト岩田ターンパイク箱根にてスペシャルイベント「BLUE LINK FES.@HAKONE」の開催が決定
WEB CARTOP
若者は、どうして自信を無くしてしまうのか 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(3)
若者は、どうして自信を無くしてしまうのか 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(3)
日刊自動車新聞
ジムニーが限定特別モデルでサヨナラ 欧州向け特別仕様車「スズキ ジムニー ホライゾン」登場 その最新情報!
ジムニーが限定特別モデルでサヨナラ 欧州向け特別仕様車「スズキ ジムニー ホライゾン」登場 その最新情報!
AutoBild Japan
衝撃の大改革!? 高速道路の「新・深夜割引」開始まで「あと9か月」に決定!?「爆走で距離稼いでも損するだけ」条件増えたその中身とは
衝撃の大改革!? 高速道路の「新・深夜割引」開始まで「あと9か月」に決定!?「爆走で距離稼いでも損するだけ」条件増えたその中身とは
くるまのニュース
日産、バッテリー交換式の超小型EVを英国で販売へ、サイレンスとの提携を発表
日産、バッテリー交換式の超小型EVを英国で販売へ、サイレンスとの提携を発表
レスポンス
80年代の初代パンダが現代に復活!? フィアット新型「グランデパンダ」初公開!  新たな世界戦略車は全長4mの5人乗りコンパクトカー
80年代の初代パンダが現代に復活!? フィアット新型「グランデパンダ」初公開! 新たな世界戦略車は全長4mの5人乗りコンパクトカー
VAGUE
ガソリン代高騰のあおりでカローラクラスが激減! 変わりゆくアメリカのレンタカー事情
ガソリン代高騰のあおりでカローラクラスが激減! 変わりゆくアメリカのレンタカー事情
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村