サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、豪州でコロナウイルスの検疫措置を受けていたスタッフが帰国へ

ここから本文です

 マクラーレンは、オーストラリアで検疫措置を受けていたスタッフは新型コロナウイルスに感染しておらず、近く帰国する予定だと明かした。

 チームスタッフのひとりがコロナウイルスに感染していることが分かり、F1開幕戦オーストラリアGPへの参戦自粛を決定したマクラーレン。その後、オーストラリアGPは開催中止となった。

■新規則導入が1年遅れるも……マクラーレン、予定通り2021年からメルセデスPUへ変更

 マクラーレンは、コロナ陽性だったメンバーと濃厚接触していたスタッフ14名を現地で隔離。14日間の検疫を行なうことを決定した。マクラーレンの上級スタッフの一部も自発的にメルボルンに残り、現地でのサポートを続けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ