サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横断歩道で8割のクルマ止まらず 「一時停止率」ワーストは宮城 1位は5年連続ダントツ

ここから本文です
 JAF(日本自動車連盟)は2020年10月16日(金)、「信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査」の2020年版の結果を発表しました。

 この調査はJAFが2016年から毎年行っているものです。信号機のない横断歩道を歩行者が横断しようとしている場合、クルマは一時停止しなければなりませんが、今回、調査対象となった車両9434台のうち、歩行者がわたろうとしている場面で一時停止した車は2014台(21.3%)だったそうです。前年の調査時と比べて4.2ポイント増加したものの、依然として約8割のクルマが止まらない結果となりました。

おすすめのニュース

サイトトップへ