サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルミとスチールのハイブリッドで軽さと耐久性の両立を目指したスプロケット「スーパースプロックス」

ここから本文です

アルミとスチールのハイブリッドで軽さと耐久性の両立を目指したスプロケット「スーパースプロックス」

STEALTH SuperSprox/税抜:1万1111円
市販車のリア(ドリブン)スプロケットはスチール製がほとんどだが、バネ下重量の軽さが運動性向上に繋がるレース用マシンでは軽量なアルミ製も使われる。アルミスプロケットの重量はスチール製の1/3程度になることもあるが、アルミ素材は鉄に比べて柔らかいため摩耗が早いことが弱点。

僕は自分のニンジャ1000を純正の525サイズから520サイズにコンバートしてアルミスプロケットと組み合わせていたが、ツーリングメインの使い方で1万5000km程度で限界に達した。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

そこで考えられたのがスポーツモデルに採用されているディスクプレートと同じように、インナー部分をアルミ、アウター部分をスチールとしたハイブリッド構造。

スーパースプロックス社は約60年の歴史を持つイギリスの企業で、トライアンフやKTMなどに純正採用されているほか、各種のリプレイス用スプロケットを世界30カ国以上で販売している。

今回装着した「ステルス」はインナーに7075-T6アルミ材を使用し、アウター(歯車部分)は高硬度を特徴とするニッケルクロームスチールで重量は約600g。車種によって異なるが、スチール製に比べると30~50%ほど軽く、耐久性は純正と同等以上。

さらにインナーのアルマイトは5色あるので、ホイールや車体色とコーディネートすることもできる。今回はゴールドを装着したが、黒いアウターとのコントラストで精悍なイメージになった。

比較的安価なので、手軽なカスタムとして交換するのも面白いと思う。

STEALTH SuperSprox

価格:1万1111円(税抜)

[サイズ] 520、525、530(丁数は問い合わせのこと)
[カラー] ブルー、グリーン、レッド、ゴールド、
シルバー、ブラック

[ 問 ] 山城 TEL.03-5691-2930

テスター太田安治の欲張りリクエスト
ほぼ全ての市販車に対応できるラインアップを揃えているうえ、インナーの色も選べるのでひと味違ったカスタムとしても有効。
自動車のホイール的な感覚で、インナーの形にバリエーションがあると面白いかも。 

[ アルバム : 写真をまとめて見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

文:太田安治/写真:南 孝幸

月刊オートバイでは毎号用品テストを多数展開しています!
最新の2020年3月号では、各社のタイヤ新製品を多数インプレ!
特集の「国産250ccスポーツ今昔対決」も読みごたえ満点です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します