サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > こんなの待ってた!? 新型カローラクロス GRスポーツ公開!! タイで発表&HV専売で登場!!!

ここから本文です

こんなの待ってた!? 新型カローラクロス GRスポーツ公開!! タイで発表&HV専売で登場!!!

 絶好調SUV「カローラクロス」に注目の新鋭登場!

 2021年11月29日、トヨタモータータイランドはカローラクロス HEV GRスポーツを発表。同30日には現地で開催されているタイ国際モーターエキスポにて、実車を公開し、注目の販売価格も発表された。

新車価格の2倍 1600万円で落札された新型ランクル300! 来年2月に買える新型ランクル300とは

 日本でもカローラシリーズの稼ぎ頭として大ヒット中のカローラクロスに突如設定されたGRスポーツ、その刺激的なルックスと気になる中身を解説していきたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA

[gallink]

カローラクロス GRスポーツは日本にない2トーンカラーも設定

タイで公開された新型カローラクロスHEV GRスポーツの実車。バンパーまわりの専用装備でオフロード感も増している

 日本で今年9月に発売されたばかりのカローラクロスに、早くも興味深いモデルが追加された。新型カローラクロス HEV GRスポーツは、その名のとおりトヨタが展開するスポーツモデルラインを「GR=ガズーレーシング」冠したモデル。

 エクステリアはGRの文法に沿って、スポーティ色を強めた専用パーツなどがおごられ、日本仕様とグリル周りのデザインが異なることもあって、よりワイルドな印象だ。外観まわりの主な専用装備をみていくと、フロントバンパー、グリル、サイドロッカー、リアアンダーラン、リアコンビランプなどをGRスポーツ専用装備に差別化。

 このほか、アルミホイールはGRエンブレムを施した専用品となっている。

 また、カラーリングも特筆されるポイントのひとつ。ブラックのルーフに写真のホワイトやレッドを組み合わせた2トーンカラーが設定されるのもGRならでは。日本仕様のカローラクロスには2トーンカラーの設定はないため、この点も新鮮だ。

 いっぽうインテリアに目を移すと、こちらもピアノブラックのインパネ、シルバーのステッチが入ったステアリングやレザーのシートなどの特別装備を筆頭に、黒を基調としたGRらしいスポーティなデザインでまとめられている。

足回りも専用セッティングで差別化! 注目の価格は?

注目のお値段はタイ価格で124万9000バーツ。白・黒2トーンのほか、赤・黒の組み合わせも新鮮だ

 さて、注目の中身はどうか? というと、こちらもキチンと差別化されている。パフォーマンスに直結する部分では足回りに、ファインチューンが施されたサスペンションを装備。スプリングとショックアブソーバーは、トラクション性能やコーナリング性能を向上させるため、GRに特化したセッティングになっているという。

 また、パワーユニットは1.8Lのハイブリッド一本。車名に「HEV GRスポーツ」とあるように、ガソリンエンジンの設定はない。1.8Lハイブリッドはシステム出力122psと日本仕様と同一で、基本的にはほぼ同じパワーユニットといって差し支えないだろう。このほか電動パワーステアリングもGRスポーツ専用設定になっている。
 
 このようにベースモデルと差別化されたカローラクロス HEV GRスポーツの現地価格は124万9000バーツ(日本円換算で約416万円)。単純な邦貨換算ではかなりお高い印象だが、通常グレードとの差は15万円ほどなので、GRスポーツだけが高いわけではない。

 日本への導入はあるか? といえば、直近では発売から3か月しか経っていないこともあり、可能性は高くないだろうが、中長期的にみれば追加する可能性は充分あるだろう。実際、C-HRも発売から約3年後のマイナーチェンジでGRスポーツを設定している。

 カローラクロスのGRスポーツも追加されるなら、現行ラインナップから20万円程度の上乗せで買える現実的なモデルになるはず。その行方にも注目したい。

[gallink]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します