サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WSBK】レオン・キャミア、度重なる怪我でモチベーション減退。現役退きマネジメント転向の一因に

ここから本文です

 2010年からスーパーバイク世界選手権への参戦を続けてきたレオン・キャミアは、今年新たにホンダWSBKのチームマネージャーへ就任。その裏には近年の多くの怪我が要因として存在したという。

 キャミアは2018~2019年にかけてホンダに所属。昨年はドゥカティ陣営へと移ったが、テストでのクラッシュによって大きな怪我を負ってしまい開幕戦を欠場すると、最終的に契約解除へと至った。その後、2021年の去就は明らかとなっていなかったが、1月のヘレステスト開催に合わせて、彼ががホンダのチームマネージャーに就任することが発表された。

■レオン・キャミア、ホンダWSBKチームマネージャーに就任「新しい挑戦の始まりが楽しみ」

 ここ数年、キャミアは怪我に悩まされてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ