サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1代表、撤退説を改めて否定「規則変更のチャンスを生かし、表彰台争いをしたい」

ここから本文です

 ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、F1が予定している大規模な規則変更を確実に飛躍のチャンスにしなければならないと、決意を固めている。

 2016年からワークスチームとしてのF1活動を再開して以来、ルノーが発揮してきたパフォーマンスは、期待外れといわざるを得ない。

2020年F1カレンダーの構想:1月までの延長や2デー開催についてF1とチームが協議

 チームは5カ年計画を練り上げ、戦いの場に戻った最初の3年は計画どおりに歩みを進めていたが、2019年シーズンは後退した。名誉ある“トップ3以外でのトップ”の座をパワーユニット(PU/エンジン)を提供するカスタマーチームであるマクラーレンに奪われたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ