サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】今季無得点だった31号車プリウスが鮮やかポールトゥウィン。「好調の理由をしっかり見つけたい」と嵯峨宏紀

ここから本文です

 オートポリスで行なわれたスーパーGT第6戦でGT300クラスを制したのは、ポールポジションスタートの31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT。今季ここまで5戦で入賞に届かず苦戦していた31号車だったが、オートポリス戦に向けての事前テストで回生ブレーキなどの問題を修正。それが功を奏し、見事ポールトゥウィンを飾った。

 aprとして、そして自身としての久々の優勝を記録した嵯峨宏紀は、決勝後の記者会見で次のように語った。

■スーパーGT、新燃料“カーボンニュートラルフューエル”を試験導入へ。2023年の本格使用目指す

「プリウスがPHVに変わってからは結果が出せず、開発を任されている身として忸怩たる思いがありました。

おすすめのニュース

サイトトップへ