サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラッシュの角田裕毅がチームに謝罪「攻めすぎてミス、大きなチャンスを失った。決勝で挽回する」/F1第2戦予選

ここから本文です

 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はQ1でクラッシュを喫し、ノータイムに終わった。

 FP3で11番手(1分16秒230/20周)となった後、予選に挑んだ角田は、Q1最初のアタックでターン14~15のシケイン(バリアンテ・アルタ)でリヤが流れて後方からバリアへ衝突した。マシンは大破したが、角田自身にけがはなかった。

ハミルトンが僅差で99回目のPP。レッドブル・ホンダのペレスが2番手、角田は最後尾に【予選レポート/F1第2戦】

 角田は予選タイムを出せずに終わったが、これまでのプラクティスで十分なタイムを出していたことが認められ、スチュワードから決勝スタートの許可が下りた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン