サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第9回:ひと目惚れしたディアブロSV】

ここから本文です

時代の狭間で変遷を繰り返した猛牛

週刊プレイボーイで『サーキットの狼』第二章として連載が始まった『サーキットの狼II モデナの剣』は、バブル経済の象徴として1980年代の日本を再び席巻することになる。主人公である“剣・フェラーリ”と共に登場するスーパーカーはカーマニアたちを魅了すると共に輸入車ブームに拍車を掛け、日本の自動車文化の飛躍的な向上に貢献した。

池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第9回:ひと目惚れしたディアブロSV】

ここでは自動車漫画の草分け的存在である両作品の作者であり、スーパーカーのカリスマとして名を馳せる池沢早人師先生をお招きし、1990年代を駆け抜けた素晴らしきスーパーカーたちを振り返ってみたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ