サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 大波乱のレースでペレスがレッドブル移籍後初優勝。角田裕毅は自己最高7位に【決勝レポート/F1第6戦】

ここから本文です

 6月6日現地時間16時、第6戦アゼルバイジャンGPの決勝が行われ、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがキャリア2勝目を飾った。

 雲が多く気温は24度、路面温度は40度と金曜・土曜ほどには上がっていない。

【順位結果】F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝/角田裕毅が自己最高位フィニッシュ

 予選で赤旗無視を犯したランド・ノリス(マクラーレン)は3グリッド降格ペナルティを科されて9番グリッドからのスタート。これによって角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は7番グリッドからのスタートとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ