サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパー耐久】水素エンジンカローラがさらに進化。給水素時間は2分、ペースも上位クラスに匹敵するレベルに

ここから本文です

 スーパー耐久シリーズ第5戦鈴鹿の会場で、トヨタ自動車が記者会見を行い、水素エンジンカローラの進化の報告を行なった。

 まずレーシングドライバー”モリゾウ”こと豊田章男社長が「カーボンニュートラルに向けた水素社会実現を達成するために、富士では(水素を)“つかう”、オートポリスでは”つくる”だった。今回は”はこぶ”と”つくる”をテーマに挑戦する」と発表。今回はオーストラリア産褐炭由来の安価な水素を使用しての参戦とした。

■水素エンジン搭載の『カローラスポーツ』駆る小林可夢偉「このマシンには未来がある」|S耐久富士24時間

 記者会見には川崎重工橋本康彦社長も登壇し「モータースポーツにおいて水素を用いて安心安全な世界を作りたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ