サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:「米ホンダの奨学金制度で“ネクスト・パロウ”は生まれるか?」

ここから本文です

 こんにちは、ジェイミー・クラインです。今回もmotorsport.com日本版のコラムをお届けします。

 さて、先日のインディカー・シリーズで、チップ・ガナッシ・レーシングのアレックス・パロウがタイトルを獲得したことはご存知かと思います。彼はインディカー挑戦2年目でビッグチームへの移籍を果たし、チームメイトで6度のタイトル獲得を誇るスコット・ディクソンらを退けて戴冠したのです。

■ホンダの米国拠点HPD、Fリージョナル・アメリカズの王者にSF挑戦の為の奨学金を提供へ

 パロウが渡米前の2019年、日本のスーパーフォーミュラで戦っていたことは記憶に新しいと思います。彼はルーキーながらタイトル争いに加わり、ランキング3位でシーズンを終えました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン