サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、カタールGP大苦戦の原因を”理解”。サウジアラビアで「仕事ができるという自信がある」

ここから本文です

 アルファタウリのピエール・ガスリーは、フロントロウスタートから不本意な結果に終わった前戦カタールGPで苦戦した原因を理解していると語った。

 ロサイル・インターナショナル・サーキットで初開催されたカタールGPで、予選4番手となったガスリーは、他ドライバーにペナルティが出された関係で、キャリア初のフロントロウ2番手から決勝レースに臨んだ。

■【F1分析】アルファタウリのガスリーがカタールで使いこなせなかったのは、ソフトタイヤだけだったのか?

 しかし、ガスリーはタイヤのオーバーヒートと摩耗に苦戦。中団チームの多くが1ストップ戦略で走り切る中、ガスリーは2ストップ戦略を採り、ポイント獲得圏外の11位でレースを終えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン