サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1引退のライコネン、モトクロスMXGPに参戦するカワサキ・レーシングのチーム代表に就任

ここから本文です

 2021年末でF1から引退したキミ・ライコネンが、モトクロス世界選手権MXGPのカワサキ・レーシング・チームのチーム代表に就任することが発表された。

 2001年にザウバーでF1にデビューしたライコネンは、マクラーレン、フェラーリ、ロータス、アルファロメオで活躍、2007年にはフェラーリでF1チャンピオンの座に就いた。2021年末でF1から引退、その後の活動については未定であると繰り返していた。

元最高権威者エクレストン、現在のF1には「ライコネンのようなドライバーは多くない」と語る

 しかしF1引退後のプランのひとつが明らかになった。モトクロス世界選手権のMXGPクラスに参戦するカワサキ・レーシング・チームのチーム代表を務めることが決まったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ