サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “古巣”から初のWECフル参戦を迎えるロバート・クビサ「この挑戦を楽しみにしている」

ここから本文です
 2021年のELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズを制したロバート・クビサが、2022年はWEC世界耐久選手権へと主戦場を移し、プレマ・パワーチーム(プレマ・オーレン・チーム)から初のフル参戦を果たすことになった。

 クビサは、チームWRTでともにELMSを制したルイ・デレトラズ、そして昨年はカンポスからFIA F3に参戦したロレンツォ・コロンボとトリオを組み、プレマとアイアン・リンクスが組んで走らせる9号車オレカ07・ギブソンをドライブする。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン