サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿のヘアピンが日信工業とのネーミングライツ契約により『NISSINブレーキヘアピン』に

ここから本文です

鈴鹿のヘアピンが日信工業とのネーミングライツ契約により『NISSINブレーキヘアピン』に

鈴鹿のヘアピンが日信工業とのネーミングライツ契約により『NISSINブレーキヘアピン』に

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは7月3日、鈴鹿サーキットのなかでも名物コーナーのひとつと言えるヘアピンカーブについて、二輪や四輪のブレーキでモータースポーツ界でもおなじみの日信工業がネーミングライツ契約を結び、『NISSINブレーキヘアピン』となったことを発表した。

 S字からダンロップカーブ、デグナーを経て、立体交差をくぐった後、110Rを通過して迎えるヘアピンは、鈴鹿のなかでもタイトなコーナーのひとつであり、オーバーテイクポイントのひとつ。また、四輪ではこのヘアピン立ち上がりからスプーン、130R、日立オートモティブシステムズシケインへと続く攻防は、見どころのひとつでもある。

KYOJO CUP、ミュゼプラチナムとメインスポンサー契約を締結。7月4日に富士でシーズン開幕

 そんな鈴鹿の名物コーナーのひとつであるヘアピンカーブが、2020年4月1日付けで日信工業とのネーミングライツ契約により『NISSINブレーキヘアピン』として名付けられることになった。コースサイドのバリアなどに、二輪でも四輪でもおなじみの『NISSIN』のロゴが貼られる。

 ヘアピンカーブはオーバーテイクポイントのひとつでもあり、正確なブレーキングが要求される。まさに『NISSINブレーキヘアピン』はうってつけのネーミングライツとも言えそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します