サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デンマーク政府、経済面の不明確さを理由にF1開催計画の優先順位を下げる

ここから本文です

デンマーク政府、経済面の不明確さを理由にF1開催計画の優先順位を下げる

デンマーク政府、経済面の不明確さを理由にF1開催計画の優先順位を下げる

 デンマーク政府は同国でのF1グランプリ開催計画を保留にしたうえで、F1開催は優先事項ではないと述べている。

 元科学技術大臣のヘルゲ・サンダーは、デンマークにF1を誘致すべく数年にわたって取り組みを続けており、コペンハーゲン、オールボー、ロスキレの各都市を開催地候補として提案していた。

F1 CEO、コペンハーゲンでの市街地レース開催に向けてデンマークと協議中

 プロジェクト規模の大きさから、デンマーク政府の支援および協業が必要になるが、同国政府のF1に対する熱意はここのところ下火になってきており、サイモン・コレラップ産業ビジネス金融担当大臣はサンダーに対し、デンマークGP開催は現在、政府の優先事項の下位にあると伝えたという。

「デンマークに大規模なイベントを誘致することに熱意を持つ、献身的な人々がいることを嬉しく思う」とコレラップはデンマークの通信社『Ritzau』に語った。

「しかし、F1レース開催には適切な時機ではないと言いはしないが、現段階でプロジェクトの背後にある経済面についての事柄が、まったく明確になっていないという理由がある」

 サンダーは当然ながらコレラップの姿勢に落胆しているものの、将来については楽観視したままでいる。

「もちろん、これは大変に残念なことだ。なぜなら政府はこの件の優先順位を下げたというだけでなく、我々を一杯のコーヒーに招待することすらしなかったからだ」とサンダーはデンマークのメディア『BT』に語った。

「この件がある時点でまた浮上してくることを確信しているが、私が期待していたよりも長くかかるだろう。現時点で少々難しい状況に見えることは、認めなければなるまい」とサンダーは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します