サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 体調不良で苦しんだハミルトン、“美しいラップ”でポール獲得「0.455秒差は予想以上」とメルセデス/F1第20戦

ここから本文です
 2021年F1カタールGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはポールポジション、バルテリ・ボッタスは3番手だった。ふたりとも決勝をミディアムタイヤでスタートする。

 ハミルトンのタイムは2番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)より0.455秒速かった。トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは「ルイスは見事なラップでポールを獲得した。今日はポールに手が届くと感じてはいたが、0.45秒以上のギャップというのは予想以上だった」とコメントしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン