サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、予選のクラッシュで最後尾スタートへ「縁石に乗りすぎた。ミスをしてチームに申し訳ない」/F1第7戦

ここから本文です

 2021年F1フランスGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はQ1でクラッシュ、タイムを記録できないまま予選を終えた。

 Q1開始早々、最初のランのターン1でリヤを失いスピン、後方からバリアに接触してストップした。角田はピットへ戻ろうとしたものの、ギヤが入らなかったために再始動ができなかった。このアクシデントで予選は赤旗中断となった。

レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが開幕戦以来のポール獲得。角田はQ1でクラッシュ【予選レポート/F1第7戦】

 チームのヘッド・オブ・ビークルパフォーマンスのギヨーム・デゾトーは、マシンダメージについて「リヤエンドにダメージはあるが、間違いなく明日に向けて修復することが可能だ」とコメントしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ