サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラストレースを迎えたダニカ・パトリック、”退屈な”予選に満足。一方で「引退のことが頭をよぎった」/インディ500

ここから本文です

 エド・カーペンター・レーシングからインディ500に出場しているダニカ・パトリックは、予選を7番手で終えた。その予選について彼女は”退屈だった”が満足しているという。

 今週末のインディ500をもってレーシングドライバーを引退するパトリックは、先日行われた予選でファスト9に進出し、予選7番手を獲得した。この時の彼女の平均速度は、228.090mph(約時速367km)だった。

インディ500決勝に備える練習走行はカラムがトップ。佐藤琢磨23番手

「予選は退屈だと思っていたでしょう。実際、本当に退屈でした」と彼女は話した。

おすすめのニュース

サイトトップへ