現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスのハミルトン、レッドブルの“真似事”ではF1の頂点に立てないと指摘「アストンマーチンの状況を見てほしい」

ここから本文です
メルセデスのハミルトン、レッドブルの“真似事”ではF1の頂点に立てないと指摘「アストンマーチンの状況を見てほしい」
写真を全て見る(1枚)

 アストンマーチンはレッドブルが先鞭をつけたマシンコンセプトの流れを汲む空力デザインを2022年から使用してきたが、2023年シーズンはアップダウンの激しい1年となった。

 レッドブルのコンセプトを“正解”のひとつとして、グリッドに並ぶマシンのデザインが収斂されていく中で、メルセデスは独自コンセプトからの脱却を目指している。ただ、同チームのドライバーであるルイス・ハミルトンは、レッドブルの真似事ではF1の頂点に返り咲くことは叶わないと考えている。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
@DIME
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
AUTOSPORT web
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
@DIME
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • wat********
    レッドブルの速さの理屈が 解って無いのでは、ただの屁理屈
    まずレースペース重視で ロードラッグでストレートをベースに、タイヤを縦に使い デグを抑える
    中高速コーナーはベンチュリーを利かせ 低速でドラッグを使う、それを実現するには サスペンションである事は明白、フロントはプルで後ろ上に動き ストローク量の割に、ライドハイトが変わらず ロールもしない、つまりフロントウイングが動かない
    そのフロントを起点に リアのライドハイトを動かし、DRSの開け閉めと 低速時のドラッグダウンフォースをレーキで創り、高速で速く 低速でも速い
    リアサスは サードダンパーに似た動きを、幾つものトーションダンパーで実現し、その複雑なユニットを ミッションケースの上に置くために、プッシュロッドになり ストロークは上前方に動く、これは 路面からの付き上げより 車体後方のダウンフォースで、力が掛かり易く 加速から高速時によく沈む…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村