サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA-F4もてぎ:2019年王者佐藤蓮が2連勝。シーズン11勝を挙げて有終の美

ここから本文です
 FIA-F4選手権の2019年シーズン最終大会がツインリンクもてぎで、11月2~3日に開催され、すでにチャンピオンを決めている佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)が、2レースともにポール・トゥ・ウィンを達成。2019年の全14戦で8連勝を含む11勝、そして8ポールポジションという記録を打ち立てることとなった。

 金曜日の専有走行1回目は12番手と、「らしからぬ」ポジションに留まっていた佐藤ながら、2回目にはしっかりトップに。だが、コンディションの違いもあって、総合のトップタイムを記していたのは平木玲次(Media Do ADVICS影山F110)だった。