サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セミトレーラ1台で大型トラック2台分の積載量を実現! ドイツ生まれの超特殊ウイングトレーラがスゴい!

ここから本文です

セミトレーラ1台で大型トラック2台分の積載量を実現! ドイツ生まれの超特殊ウイングトレーラがスゴい!

 トランスポーターでレーシングカーを運んだり、キャリアカーで高級外車を運ぶなど、車両輸送のエキスパートとして活躍している千葉県の運送会社、トランスウェブ。

 同社が2016年に導入したドイツ・シュローダー社の飲料運搬用ウイングトレーラ「アルバトロスXXL」は、独自のボディ構造により飲料運搬用パレットを32枚積載可能とした超特殊ウイングトレーラだ。

日本のダブル連結トラックよりもっと長い!? さらに長大化を加速させる欧州のトレーラ最新事情に迫る!

 昨今トラック業界では1セットで大型トラック2台分の積載ボリュームを実現するフルトレーラ、通称ダブル連結トラックが話題となっているが、同車両はセミトレーラで大型トラック2台分の容積と積載量を同時実現するからスゴい。

 日本のウイングボディとはひと味もふた味もちがう、ドイツ生まれの超合理主義的ウイングトレーラの実力を検証する!!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2017年9月11日発売「フルロード」第26号より

【画像ギャラリー】積載量がニバイ、ニバ~イ!! これがドイツが生んだ超合理主義ウイングトレーラだ!!

■単車の大型トラックの2倍という圧倒的な容積を実現する独自の荷台構造

トランスウェブが2016年に導入したドイツ・シュローダー社製飲料運搬用ウイングトレーラ「アルバトロスXXL」

 トランスウェブは、モータースポーツ事業と新車輸送の2つを主力業務とする車両輸送のエキスパート。このほかにも、輸入車の通関後の品質チェックを行なうPDI事業、イベントサポート事業、コンテナ事業、エアカーゴ(航空貨物輸送)事業などさまざまな事業を行なっている。

 近年はクルマ以外のモノを運ぶ事業とともに、外国製トレーラの輸入販売を行なう事業にも注力。2020年には欧州最大手の総合トレーラメーカーといわれるドイツ・ケスボーラー社のトレーラ製品の販売を開始している。

トレーラの車軸前後に2段積みスペースを設けることで荷室の容積を最大化。「運ぶこと」に特化した潔い設計はいかにもドイツらしい

 そんな同社が2016年に飲料輸送事業に導入したのが、ドイツの特殊トレーラメーカー・シュローダー社と共同開発した飲料運搬用ウイングトレーラ「アルバトロスXXL」だ。

 シュローダー社は1946年に農業用トレーラメーカーとして創業し、1950年代より輸送用トレーラの製造を開始した老舗トレーラメーカー。現在は飲料運搬用を中心に、産業車両運搬用、建設用など幅広い用途の特殊トレーラの製造を行なっている。

2段積みスペースは油圧昇降式の2重床によりダブルデッキ化を実現。ロットで高さが決まるパレット貨物輸送の課題である「天井空間の無駄」を効率よく解消するアイデアだ

 同社が製造する飲料運搬用トレーラにはカーテンサイダー、ウイングなどさまざまなバリエーションが存在するが、今回紹介する「アルバトロスXXL」はウイングタイプのなかでも特に「たくさん積めること」を追求したものだ。

 最大の特徴は車軸前後に設けられた2段積みスペースで、車軸前後の床を地面ギリギリまで下げて、そこに油圧昇降式の床を搭載。一部をダブルデッキ化することで積載ボリューム(容積)の最大化を実現する。床の長さは、前から3800mm、3400mm、5800mm、1300mmとなっている。

ウイングドアは一枚物で、全体がガバッと開く仕組み。パネルにはパレット32枚積みのイメージ画が誇らしげに描かれる。開閉操作はボディ前方のスイッチで行なう。ウイングと2重床は電動油圧モーター駆動だ

 ちなみに、ジュースやお茶などの飲料輸送はタテ1m×ヨコ1mの通称「イチイチパレット」に一定ロットを重ねて積むのが基本。同車両は、このイチイチパレットを前から3枚、6枚(3枚×2段)、5枚、2枚(1枚×2段)を各2列ずつ、合計32枚積載可能。これは単車の大型トラックの16枚の2倍である。

■徹底的な軽量化の実現で最大積載量も大型トラックの2台分に

床を昇降させる油圧シリンダーは固定式の間仕切り(黒い壁部分)に内蔵。同車両は1100mm×1200mmパレットの32枚積みに対応しており、イチイチパレットを積載する場合は衝撃緩和のため写真のようにスペーサー(可動式の間仕切りなど)を入れる

 また、飲料輸送では容積と同時に気を配らなければならないものがある。それが積載量だ。ジュースやお茶などのペッドボトルは、雑貨品などに比べて質量が大きいため、たくさん運ぶためには最大積載量もしっかり取れていなくてはならない。

 そこで同車両では、容積の最大化と同時に車体の軽量化も実施。まずメインフレームには一部を除きアルミを採用。全体がガバっと開く一枚物のウイングドアは、フレームをアルミ製、パネルを布製とし軽量化。リアパネルも樹脂製とした。

ワイドシングルタイヤはダブルタイヤより車軸1本あたりの重量を軽くすることが可能。各部の軽量化により同車両は最大積載量も大型トラック2台分を実現する。なお、タイヤサイズは385/65R22.5インチだ

 さらに、足回りにはダブルタイヤより軽量化が可能なワイドシングルタイヤを採用。これら各部の徹底的な軽量化により、最大積載量は大型トラック2台分に匹敵する26400kgを確保。これにより飲料のフル積載が可能だ。

 なお、同車両はGCW(連結車両総重量=トラクタ+トレーラ+積載物の合計重量)が41tを超えており、かつ連結全長も17mを超えるため一部高速道路が走行できないなど、デメリットも少なからず存在。

 とはいえ、ある程度決まったルートを走る拠点間輸送ならばそのデメリットもほとんど無関係。現在(取材時)は大手飲料メーカーの工場間輸送を行なっており、その比類なき積載効率は現場でも高い評価を得ているという。

【画像ギャラリー】積載量がニバイ、ニバ~イ!! これがドイツが生んだ超合理主義ウイングトレーラだ!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します