サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ライバルはフェラーリF1を動揺させようとしただけ」疑惑表明は策略と代表が主張

ここから本文です

「ライバルはフェラーリF1を動揺させようとしただけ」疑惑表明は策略と代表が主張

「ライバルはフェラーリF1を動揺させようとしただけ」疑惑表明は策略と代表が主張

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、2019年後半のフェラーリのパワーユニットにまつわる憶測は、チームにプレッシャーをかけようというライバルチームの策略にすぎないと主張している。

 フェラーリはF1の夏季休暇後に突如としてパフォーマンスを向上させたため、ライバルチームはパワーのアドバンテージの理由がどこにあるのか、解明しようとした。

レッドブルF1ボス、フェラーリへの“甘すぎる”罰金処分に不満「今後疑わしい点があれば必ず抗議を行う」

 レッドブルからの問い合わせによって、FIAはエンジンのパワーを向上させるための仕掛けに関し規則の明確化を行うため、一連の技術指令書を発行した。

 しかしビノットは、フェラーリに対するライバルチームの疑念はおそらく見せかけだけのものであり、フェラーリにプレッシャーをかけて”動揺”させようという策略でしかないと主張した。

「彼らが本当に我々を疑っていたのかどうか分からない」とビノットはドイツの『Auto Motor und Sport』に語った。

「彼らはおそらく状況を利用して我々にプレッシャーをかけたのだろう。プレッシャーをかければ動揺させることができる。これは敵を混乱させようという、F1のゲームの一部だ」

「我々のやっていることは、競技と技術競争だけではない。敵に痛手を与えられることは、何でも利用するのだ」

 アメリカGPの週末には、FIAが最初の技術指令書を出した24時間後の決勝日に、フェラーリがストレートスピードにおけるアドバンテージを失ったことで、不正があったのではないかという説が浮上した。

 ビノットは、ライバルチームがフェラーリは競争力を失ったと指摘したことは正しいが、その理由が間違っていると語った。

「彼らは間違った結論を下した」とビノットは言う。

「我々はエンジンの使用条件を変えてはいなかった。ダウンフォースをさらに生み出すことで、ドラッグが増加した。そのため、我々はコーナーでは速かったが、ストレートでいつもより遅くなった」

 ビノットは、フェラーリのエンジニアたちが2019年にエンジン面で達成した進歩を誇りに思っているが、チームのパワーユニットには50馬力のアドバンテージがあるというライバルたちの主張は間違っていると語った。

「真実はその数値からはほど遠い」とビノットは付け加えた。「最大でも20馬力だと思うが、それでもかなりの数値だ」

「エンジンパフォーマンスが近づいていることを考えれば、20馬力は大きなアドバンテージであり、予選と決勝で助けになる」

「私は今年の開発を誇りに思っている。2014年のハイブリッド元年のことは忘れていない。メルセデスとの差は大きかった。80馬力を超えていたのだから!」

「我々はマラネロのファクトリーで、この差を埋めるために途方もない努力をしてきた。この分野で我々は素晴らしい仕事をしたと断言できる」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します