サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車の旧車・クラシックカーオーナーが密かに思っているであろう10のこと

ここから本文です

輸入車の旧車・クラシックカーオーナーが密かに思っているであろう10のこと

いわゆる旧車やクラシックカー、そのなかでも輸入車を所有していると、「古い外車=すぐに壊れる」「古いクルマ=環境に悪い」「お金持ちの道楽」…といったように、世間のあらゆる誤解に悩み、苦しんでいる方を見掛けます。

筆者自身も1970年に製造された輸入車を所有していますが、常に「いつまで所有できるか」「いつまで走らせらることができるのか」といった不安に苛まれているひとりです。

疲れ知らずの20代のうちに…。夜な夜な走るのが楽しいと思える時間はそう長くない

異論・反論はあると思いますが、これまで公私を通じてお会いしてきた輸入車の旧車・クラシックカーオーナーの方が密かに思っているに違いない事柄を10項目に要約してみました(…とはいえ、国産旧車・クラシックカーオーナーさんの想いもそれほど違いはないかもしれません)。

1.実はそれほど燃費が悪いわけではない

ただ単に古いクルマというだけで「リッター2~3km/L」とか「ガソリン垂れ流し」と決めつけられてしまう例を数多く見てきました。さすがに近代のエコカーのようにリッター20km/Lをキープできるようなケースは極めてレアですが、リッター10km/Lをキープできるクルマも少なくありません。

2.愛車のストックパーツはゴミではない!貴重な財産

旧車・クラシックカーを所有するうえで避けられないのが、純正部品の欠品または製造廃止(いわゆる製廃)。いざというときのために、インターネットやオークションサイトなどあらゆるルートを駆使してストック部品をかき集めることになります。いつ使うか、果たして使う機会は訪れるかは二の次。手元に持っているだけで安心するといった、精神安定剤の役割を担っているケースも。自宅内に置き場所がないからと、自分の部屋にバンパーを置いてそのまま生活している猛者も実在します。クルマに興味がない人からすれば狂気の沙汰に映っているはず…。

3.実はあまり乗る機会がない

たまの休みといっても家族サービスを優先したり、自宅で仕事をしたり…。自由な時間といえば、日曜日の早朝~午前中が1週間のなかで至福のひととき…なんてお父さんも。月に1,2回、距離にして100kmくらい乗れればいい方というケースも。単純計算で年間1200km、実はあまり乗る機会がないという方も少なくありません。しかし、大切な愛車がガレージに存在するだけで癒しなのです。

4.贅沢な趣味に見られがちだけど、実はけっこうカツカツ?

家族用とは別に趣味車として旧車・クラシックカーを所有している方も少なくありません。今どき2台持ち(あるいはそれ以上)なんて贅沢の極みとか、天上界の暮らしなどとと揶揄されても仕方がありませんが、家計をやりくりしてどこかで出費を抑えている方も少なくありません。もしくはへそくりを溜め込んでいるか、副業&投資などで資金を得ているか…。大好きな愛車を維持するために必死で知恵を絞っています。

5.13年超車の重課税分を払う意思はある(ただし、納得できればの話)

旧車・クラシックカーオーナーのあいだで必ずといっていいほど話題になる13年超車の重課税制度。オーナーも払う意思はあるのです。ただし、納得の上で…なら、が大前提。そういえば、2016年に発足した自民党の「自動車文化を考える議員連盟」はその後どうなったのでしょうか。ドイツのHナンバーに相当する制度が1日でも早く日本でも施行される日が訪れることを願って…。

6.1台のクルマと長く付き合うことこそ本当のエコなのでは?と思っている

最新クルマは安全性や走行性能はもちろんのこと、燃費も向上しています。クルマを買い替えるということは、心太式に古いクルマが押し出され、スクラップとなっていることを意味します。この行為が繰り返され、10年~15年もすれば、あれほど見掛けたクルマが路上から姿を消していくのです。新陳代謝と割り切ればそれまでですが、1台のクルマが生産され、廃車の運命をだどるより、大切かつ長く付き合うことこそが本当のエコなのかも。しかし、それでは新車が売れないというジレンマを抱えることになるわけで…。

7.多少なりとも世間の(冷ややかな?)目は理解しているつもり

とはいいつつも、どこかで肩身の狭い思いや、申し訳ないな…と思う気持ちがないわけではありません。道楽親父・放蕩息子・単なる無駄遣い・安眠妨害…などなど。どこかで白い目で見られていることを自覚している方も少なくありません。ご近所と良好かつ円滑な人間関係を保つため、地域清掃や行事参加などを欠かさず行っている旧車・クラシックカーオーナーさんもいらっしゃいます。案外、気を遣っているのです。

8.そのうち内燃機関のクルマで公道を走れなくなると本気で心配している

いつ、どのタイミングでそうなるのか?少なくとも日本国内では予測がつきません。しかし、確実にXデーが近づいてきている予感はします。それが10年後なのか、はたまた20年後なのか…。日本国内において内燃機関を持つクルマが公道を走れなくなる日はまだまだ先だと思われますが、自分たちがクルマに乗れるあいだにそのXデーが訪れてしまうかもしれないと…心配ではあります。

9.このクルマを手放したら、俺(私)は確実に廃人になると本気で思っている

筆者もそうですが、いまの愛車を手放したら、仕事や日常生活へのモチベーションが劇的かつ確実に下がります。家族や長い付き合いの友人たちも大切な存在であることは間違いありません。しかし、どちらが上とか下などという質問は野暮。「別フォルダ」なんです。旧車・クラシックカーオーナーの皆さん、そうですよね?

10.他に欲しいクルマがない=アガリのクルマだから

人生最後の愛車、いわゆる「アガリのクルマ」がたまたま旧車・クラシックカーだった。当時は最新モデルだったけれど、何十年も所有しているうちに古いクルマとして扱われるようになっていた。憧れの存在を手に入れたから…などなど。理由はさまざまですが「他に欲しいクルマがない」あるいは「これ以上欲しいクルマが見つからないでほしい」とか…。理由はさまざまですが、深い思い入れがあるという点で想いは共通です。

さいごに…:2度と生産されないであろう旧車やクラシックカーを後世へ引き継ぐために…

旧車・クラシックカーは今後は数が減っていくことはあっても、劇的に増える可能性は限りなくゼロであると考えます。クルマは壊れない限り、あるいは部品のストックがある限り延命できますが、オーナーである人間の体はそうはいきません。日々、老いていき、いつか必ず引退する日が訪れます。つまり、こうしているあいだにも愛車との別れのときは確実に近づいています。オーナーさんもぼんやりとはわかっているけれど、自分がいまの愛車と別れたあと、このクルマがどういう運命をたどるのか?まで想いを馳せているケースは少ないようです(筆者も例外ではありません)。某保険会社のCMではありませんが、1年にたった1日でもいいので、既婚・独身を問わず「愛車の生前贈与」を考えてみるのも一興かもしれません。

[ライター・撮影/松村透]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します