サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1代表ロバーツの離脱は、CEOらとの確執が原因か。アストンマーティンへの移籍の噂も浮上

ここから本文です
 サイモン・ロバーツがウイリアムズF1チーム代表に昇進してわずか6カ月で、突如離脱することが決まった。この発表は多くの関係者を少なからず驚かせた。

 ウイリアムズはコース上のパフォーマンスを昨年中盤から大きく改善しており、その重要な原動力はロバーツだとみられていた。マクラーレンやフォース・インディアに所属した経験を持つロバーツは、経験豊富かつ堅実であり、レース現場とファクトリーとのコミュニケーションをうまく図る能力もあり、ウイリアムズの重要な財産のひとつであるとみなされていたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン