サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1の秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

ここから本文です

メルセデスF1の秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

メルセデスF1の秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

 スペインのカタルニア・サーキットで開催中のF1プレシーズンテスト。2日目午前のセッションで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のオンボード映像に奇妙なシーンが映った。

 ハミルトンが握るステアリングホイールが、ストレートで手前に動き、コーナーへの入り口で元の位置に戻ったのだ。

【生配信】2日目も見逃すな! ライブテキストで生配信:F1プレシーズンテスト2日目

 このオンボード映像をステアリングホイールの動きを詳細に分析すると、ステアリングホイールの動きの応じてフロントタイヤのトー角も変化。コーナー入り口ではフロントホイールがわずかにアウト側に開いており、いわゆる”トーアウト”になっているのだ。

 このシステムは、ステアリングリンクを介して油圧で駆動されている可能性がある。トー角を調整することでコーナーではパフォーマンスが向上し、ストレートではタイヤが路面や気流から受ける抵抗を最小限に抑えることができるだろう。

 ステアリングホイールの動きは、全ラップで見られるわけではなく、ドライバーが必要に応じて使うことができるようだ。

 motorsport.comがメルセデスにこのシステムについて確認したところ、チームはテストで評価している”ステアリングモード”だと認めたものの、詳細な目的について説明はなかった。

 昨年、メルセデスの強みのひとつが低速コーナーでのパフォーマンスだった。チームは低速でのパフォーマンスを最大化するために、サスペンションの開発に多くのリソースを注いでいた。

 F1の技術規則では、サスペンションやステアリングに関するルールは明確にされている。

 第10.2.2条では『サスペンションシステムの仕様構成を変更する、あるいは性能に影響を及ぼすことが可能な動力装置は、それがいかなるサスペンションシステムのどの部分であっても、一切禁止される』と明記されている他、第10.2.3条にも『車両が走行中、いかなるサスペンションシステムも、一切調整が行なわれてはならない』と記されている。

 メルセデスのシステムがどのように機能しているかが分からなければ、上記の規則のいずれかに違反しているかどうか判断できないだろう。

 また、パワーステアリングについては第10.4.2条に、『ドライバーが車を操縦するために必要な労力を最小限に抑えるためにのみ利用できる』と定められている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します