サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、首位メルセデスと0.078秒差の3番手「最高の金曜。ペースがかなり良さそう」アルファタウリ・ホンダ/F1第2戦

ここから本文です

ガスリー、首位メルセデスと0.078秒差の3番手「最高の金曜。ペースがかなり良さそう」アルファタウリ・ホンダ/F1第2戦

ガスリー、首位メルセデスと0.078秒差の3番手「最高の金曜。ペースがかなり良さそう」アルファタウリ・ホンダ/F1第2戦

 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=5番手(1分16秒888/21周)/2=3番手(1分15秒629/30周)だった。

 FP2ではメルセデスがトップ2を占め、最速タイムはバルテリ・ボッタスの1分15秒551(ミディアムタイヤ)、2番手はルイス・ハミルトンの1分15秒561(ソフトタイヤ)だった。ガスリーがソフトタイヤで記録した自己ベストタイムとボッタスのタイムとの差はわずか0.078秒だった。

ホンダ、両セッションでトップ3。角田のPU部品交換は「データに気になる部分があったため」と田辺TD/F1第2戦金曜

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=5番手/2=3番手
 僕たちチームにとって今まででベストといえる金曜日だったと思う。FP2で3番手に入り、上位にかなり近づくことができた。

 1周目からマシンの感触が良くて、思いどおりに走れたし、かなりプッシュすることもできた。とてもいい一日だったよ。

 序盤はソフトタイヤでショートランを集中的に行った。かなりペースが良さそうだったね。その後、決勝への準備として、燃料をたくさん積んでロングランも実施した。

 中団のライバルたちとの戦いに備えて、改善を目指して懸命に作業に取り組んできた。今のところペースが良いことを確認できている。今夜、集めたデータを分析し、それによって明日の予選でさらに速さを見つけることができればいいね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します