サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECバーレーン2連戦は、スタート時間変えて様相に変化を……超高速”オーバルレイアウト”の使用は実現せず

ここから本文です

 2021年のWEC(世界耐久選手権)は、バーレーンで2週連続でレースを開催し、シーズンを終えることになっている。これはいずれも例年使われているグランプリレイアウトで行なわれるが、開催時間をずらすことにより、両イベント間に差をつけることになるようだ。

 今季のWECは、9月に開催が予定されていた富士6時間レースが中止となったため、バーレーンでのレースが2週連続で開催されることになった。この2戦をもって、2021年シーズンは閉幕することになる。

■2021年WEC富士6時間レースの中止が決定。バーレーン2連戦でシーズンはフィナーレに

 そのバーレーンでの初戦は10月30日(土)に決勝レースが開催されることになっており、6時間のレースとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ