サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 狂気のPU開発に”待った”! 新たに導入されるF1のエンジン開発抑制ルールとは

ここから本文です

 F1は2021年シーズンから予算制限を導入しコストを抑制しようとしているものの、パワーユニット(PU)の開発費用はこの制限に含まれないため、パフォーマンスを追求を目指して開発コストが激増するのではないかと懸念されていた。

 FIAの世界モータースポーツ評議会(WMSC)は5月27日、2021年以降のF1の各レギュレーション変更を承認した。これにより、PU開発にも多くの制限が設けられることになった。

■世界モータースポーツ評議会、コスト削減策などF1ルール変更を承認

 実際、ルノーのマネージングディレクターのシリル・アビテブールは、競争力を保つために必要な支出が、すでに重荷になるレベルまで膨れ上がっていたと示唆している。

おすすめのニュース

サイトトップへ