サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【訃報】元ロータスF1のドライバー、レイネ・ウィセルが亡くなる。享年80

ここから本文です

 1970年代初期にF1でレースをしていたレイネ・ウィセルが、80歳で亡くなった。

 スウェーデン出身のウィセルは、同郷で人気のあったロニー・ピーターソンとともに下位カテゴリーから昇格を果たしていった。ウィセルはロータス創設者のコーリン・チャップマンから高く評価され、1970年にヨッヘン・リントがモンツァで悲劇的な死を遂げた後にチームに呼ばれた。

【訃報】コーリン・チャップマンの妻でロータス共同創業者のヘイゼル・チャップマンが亡くなる。享年94

 ウィセルはチーム・ロータスの72Cを託され、1970年の世界選手権の最後の2ラウンドに当時若手仲間だったエマーソン・フィッティパルディとともに参戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ