サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、”誹謗中傷”で呼び出し受けて謝罪。フェルスタッペンのグリッド降格に怒り

ここから本文です

 F1第20戦カタールGPのチェッカーフラッグが振られた数分後、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは国際競技規則違反の疑いで、スチュワードの呼び出しを受けた。

 レッドブルが違反したとされているのは、FIA国際競技規則の12.2.1のF項とK項だ。

■フェルスタッペンにも5グリッド降格ペナルティ。予選でダブルイエロー無視……ガスリーがフロントロウに|カタールGP

 F項は『FIAやFIAの組織、FIAのメンバー、またはFIAの執行役員に対する、さらに一般的にはモータースポーツの利益やFIAが擁護する価値観に対して、誹謗中傷や損失を引き起こす、いかなる言葉、行為または記述』とされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ