サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年に向けて始動したMotoGP。テストで見えた6メーカーの狙い【ホンダ・ドゥカティ・アプリリア編】

ここから本文です

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーが2020年MotoGPテストを分析。MotoGP最終戦バレンシアGP後には同地でオフィシャルテストが2日間行われた。現場で取材したオクスリーがホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、KTM、アプリリアの2020年に向けた狙い分析する。前編はホンダ、ドゥカティ、アプリリアについて。

ーーーーーーーーーー

MotoGP:ホンダのマルケス、度重なる亜脱臼により右肩も手術。復帰は2月のセパンテスト

 2020年シーズンのMotoGPの戦いはバレンシアで始まった。バレンシアではほとんどのファクトリーが異なるシャシーとアップグレード版エンジンを公開したのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ