現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、マツダ、スバルがカーボンニュートラル実現に向け、電動化時代の新たなエンジン開発を発表した共同会見で見えてきたもの

ここから本文です
トヨタ、マツダ、スバルがカーボンニュートラル実現に向け、電動化時代の新たなエンジン開発を発表した共同会見で見えてきたもの
写真を全て見る(9枚)

脱炭素へエンジンで"共創"と"競争"へ

「資本提携強化か、まさか3社が合併か?」
トヨタ、マツダ、スバルが都内で共同記者会見を行うという案内が来た際、メディアは色めき立った。なにせ、トヨタが提唱する「マルチパスウェイ」を軸に、マツダとスバルが同じテーブルで会見するというのだから。
特に、パワートレインについては、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EV、燃料電池車という電動化の「御三家」ならぬ「御四家」では、トヨタによる量産効果が大きいことは誰もが理解できることだ。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
ベストカーWeb
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
ベストカーWeb
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
まだまだ、さらに進化!? 「ポルシェ911」ドライブテクノロジーの技術革新
まだまだ、さらに進化!? 「ポルシェ911」ドライブテクノロジーの技術革新
LE VOLANT CARSMEET WEB
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
くるまのニュース
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
月刊自家用車WEB
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
くるまのニュース
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! 「ロータリー」搭載の「ISP」なぜホワイトに? デザインも異なる「内装なしモデル」の正体とは
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! 「ロータリー」搭載の「ISP」なぜホワイトに? デザインも異なる「内装なしモデル」の正体とは
くるまのニュース
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
ベストカーWeb
欧州でも市販化決定! 2ドアクーペのハイブリッド ホンダ新型「プレリュード」がグッドウッドフェスティバルで欧州初公開
欧州でも市販化決定! 2ドアクーペのハイブリッド ホンダ新型「プレリュード」がグッドウッドフェスティバルで欧州初公開
VAGUE
プラグイン充電可能なSUV!ホンダ、新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」を発売へ、自治体・企業・一般ユーザーにリース形式で
プラグイン充電可能なSUV!ホンダ、新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」を発売へ、自治体・企業・一般ユーザーにリース形式で
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダの“夢のスポーツカー”は「ロータリーエンジンでタイヤを直接駆動」か? 美しさも魅力的な「アイコニックSP」の未来は明るい?
マツダの“夢のスポーツカー”は「ロータリーエンジンでタイヤを直接駆動」か? 美しさも魅力的な「アイコニックSP」の未来は明るい?
VAGUE
欧州市場にNISMOブランドが復活!100%EVのクロスオーバー「日産アリアNISMO」、近日中にヨーロッパでも販売開始
欧州市場にNISMOブランドが復活!100%EVのクロスオーバー「日産アリアNISMO」、近日中にヨーロッパでも販売開始
LE VOLANT CARSMEET WEB
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
motorsport.com 日本版
アルピーヌ、水素エンジン搭載の次世代スポーツカー提案…グッドウッド2024
アルピーヌ、水素エンジン搭載の次世代スポーツカー提案…グッドウッド2024
レスポンス
日産「ムラーノ」が11年ぶりにフルモデルチェンジへ! 日本市場復活はあるのか?
日産「ムラーノ」が11年ぶりにフルモデルチェンジへ! 日本市場復活はあるのか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
”マスタードライバー”の名を冠したスペシャルモデル!レクサス、「LBX」にハイパフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新設、受注開始!
”マスタードライバー”の名を冠したスペシャルモデル!レクサス、「LBX」にハイパフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新設、受注開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

27件
  • tom********
    「電動化=エンジンダメ」ではないと、共同宣言したということです。
    近未来は近距離移動の軽自動車や公共交通がEV、郊外メインや普通車はカーボンニュートラル燃料(合成燃料)を使用したエンジン車だと思う。
  • kyo********
    なんか構図が自民党に乗っかる公明党と維新みたいで嫌だな・・・。
    各々の良さが本当に引き出されるなら良いが、協業で批判増に至る事も合ったり。。
    トヨタ、マツダのシステム系は暗電流等問題があるのでは?等バッテリー負担増、バッテリー上り頻発等が動画やSNSに上がっていたり・・。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村