サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F3ポールリカール・レース1:岩佐歩夢、3番手入線も5秒加算ペナルティで8位。優勝スモリア

ここから本文です

 FIA F3の第2ラウンドがポール・リカール・サーキットで行なわれ、アレクサンダー・スモリア(ARTグランプリ)が優勝した。岩佐歩夢(ハイテック)は3番手でフィニッシュしたが、5秒のタイムペナルティを受けて8位フィニッシュとなった。

 レースの大半を支配したのは岩佐だった。

■次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第1回:レッドブル育成として臨むFIA F3では「優勝狙える」と自信

 岩佐は予選で8番手。リバースグリッドで行なわれるレース1は5番グリッドからスタートし、ロケットスタートを決めて一気に3番手まで浮上してみせた。そしてキャラン・ウイリアムズ(イェンツァー)とローガン・サージェント(チャロウズ)を追った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン