サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TSRホンダ優勝。BMW、ヨシムラ、YARTヤマハ、SRCカワサキが首位走行中にトラブルも挽回/2021EWC第2戦エストリル12時間

ここから本文です
 7月17日、FIM世界耐久選手権(EWC)2021シーズン第2戦エストリル12時間耐久ロードレースの決勝レースがポルトガルのエストリル・サーキットで行われ、日本チームのF.C.C. TSR Honda France(ジョシュ・フック/高橋裕紀/マイク・ディ・メリオ組)が優勝した。ヨシムラSERT Motul(グレッグ・ブラック/チャビエル・シメオン/シルバン・ギュントーリ組)は2度の転倒を喫して17位フィニッシュとなった。

 30台が出場し、現地の朝9時にドライコンディションでスタートした決勝レース。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン