サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドラゴンスピードがDPi参戦を模索。今季限りで撤退のマツダとも交渉へ/IMSA

ここから本文です
 スポーツカーレースのLMP2カテゴリーとNTTインディカー・シリーズで活動しているドラゴンスピードは、2022年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権DPiクラスに参加する道を探している。しかしチーム代表のエルトン・ジュリアンによれば、彼らはマシンの調達ができておらず難しい状況にあるという。

 ロレックス・アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)で2度のLMP2クラスウイナーとなっているドラゴンスピードは、2023年に北米シリーズでスタートするLMDhカテゴリーに参戦するための準備として、来季のシリーズでDPiプログラムを実施したいと考えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン