サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「雨漏り」防止や「維持費」低減にも効果あり! クルマの「ヤレ感」も防止できる「ゴム」の劣化を防ぐ方法とは

ここから本文です

「雨漏り」防止や「維持費」低減にも効果あり! クルマの「ヤレ感」も防止できる「ゴム」の劣化を防ぐ方法とは

 どんなに条件が良くても必ず劣化してしまう

 毎年酷暑続きで、人だけでなくクルマにもさまざまなストレスがかかるのは当然のこと。となると、劣化が気になるが、数ある部品のなかでも“生もの”とされるゴム類はどうなってしまうのかということ。

マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

 ゴムというのはご存じの方も多いと思うが、内部に油分が含まれているおかげでしなやかさや柔軟性が保たれている。それが抜けることでカサカサになったり、柔軟性がなくなって亀裂なども発生する。身近なところでは、輪ゴムは新品のころはよく伸びて、よほど引っ張らないと切れることはないが、しばらくすると硬くなってくるし、表面にはヒビができてきて最終的には伸びる前にプチンと切れてしまう。

 これと同じことはクルマのゴム類にも起こっている。具体的にはタイヤ、窓枠、ワイパーなど。ただ窓枠については、その昔は固定するウェザーストリップはゴム製だったが、最近は接着剤を使うのでモール的な最小限の使用にとどまっている。

 とはいえ、あちこちに使われているのは事実で、結論から言うと使用材料によって、延命は図られているが確実に劣化は進む。極端ないい方をすれば、劣化しないゴムはない。

 しなやかなほど劣化も進みやすい。タイヤはその代表格だし、ガラス面に追従させるために柔らかいワイパーゴムも同様。タイヤのメンテで、溝が残っていてもヒビが発生していたら寿命と言われるが、乗らなくても劣化は進行していくというのはいい例だ。また、ワイパーゴムも使用頻度が高くなくても、早ければ1年ぐらいで引っ張ると裂けてしまうことがある。

 徹底的なケアで劣化を最小限に抑えることができた事例も

 防止するのは不可能にしても、進行を遅らせることが可能な部分も少なからずある。タイヤなら、タイヤワックスを使用して表面をガードすることで油分の蒸発を防いだり、スタッドレスなどで外して保管する場合は冷暗所に置くようにしたりするといい。ただタイヤワックスのなかには逆に油分が抜けやすくなるものもあるので、事前に調べておいたほうがいいだろう。

 ただ、ワイパーゴムのように、油分を塗ってしまうと油膜の原因になることもあるので、防ぎようがないパーツもある。ウェザーストリップについては20年ぐらい経つとボロボロになって、雨漏りの原因になったりする。パーツとして製造中止になるのが早い傾向にあるのはウェザーストリップだけに、長く維持するには頭が痛くなる。以前見た猛者は窓枠として使われているゴム類に潤滑スプレーを日々塗り続けることで、30年ぐらいツヤツヤとした新鮮さを維持していた。油分がカギを握っているということがよくわかる。

 なかなか真似ができることではないが、ちょい古のクルマを長く乗りたいなら、ゴム類の確保というのはカギになるし、ストックする際も保管場所には気をつけてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します