サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、予選苦戦も決勝驚異の追い上げ「まだスッキリはしていないが、可能性は感じられた」

ここから本文です

 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)は、富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラの開幕戦を6位で終えた。

 山本は土曜日に行なわれた予選で苦戦し、Q1敗退。16番グリッドからレースをスタートすることになった。山本はそこから、早めのピットストップを行なう戦略などが功を奏し、追い上げを見せる。そして最終的には前述の通り、6位でチェッカーフラッグを受けた。

■山本尚貴、リスク覚悟のセッティング変更も奏功せずQ1敗退「情けない。でも落ち込んでいる暇はない」

 予選の結果について「情けない」と語っていた山本。しかし決勝日の午前中に行なわれたフリー走行2回目ではトップタイムを記録するなど好調な走りを見せた。

おすすめのニュース

サイトトップへ