サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ノーミスで2位、アルピーヌA480陣営に漂う自信「ル・マンに向けて、本当にポジティブ」/WECモンツァ

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権の第3戦モンツァ6時間で、優勝したトヨタGAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッドに続く2位に入ったアルピーヌ・エルフ・マットミュートのマシュー・バキシビエールは、チームが次戦ル・マン24時間に向けて「本当に快調である」と信じている。

 バキシビエール、アンドレ・ネグラオ、ニコラ・ラピエールがドライブした36号車アルピーヌA480・ギブソンはトヨタ7号車から60秒おくれの2位でフィニッシュし、開幕から3戦連続でポディウムに立った。

おすすめのニュース

サイトトップへ