サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1『W11』:あえて“大胆なアプローチ”で改善図る。フェラーリを警戒し直線スピード向上にも注力

ここから本文です
 メルセデスF1チームのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソンは、2020年にレギュレーションが変化しないからこそ、パフォーマンス向上のため、『W11』の開発において大胆なアプローチをとる必要があったと語った。

 6年連続でダブルタイトルを獲得してきたメルセデスは、2020年、当然7連覇を狙っていくが、それを実現するのは簡単なことではないと承知している。メルセデスは2019年には冷却面で苦しんでおり、そういった弱点の解決に取り組む上で、マシンに大きな変更を施したと、アリソンは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン