サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 現行WRカー最後の戦いで主役を飾ったトヨタのふたり。歴史に残る1戦で復活した“攻撃的なオジエ”

ここから本文です
 1997年から始まったWRカーの時代、そして2017年にスタートした現行WRカー規定最後のシーズンのラストイベントを担ったWRC世界ラリー選手権第12戦モンツァ(ラリー・モンツァ)は、史上まれに見る素晴らしい戦いにより、歴史に残る一戦となった。ドラマの主役はトヨタのふたり。通算8回目のドライバーズタイトルに王手をかけたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)と、それを17ポイント差で追うエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン