サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【環境汚染は少ないのに】どうなるクラシックカー 風当たり厳しい社会 市場規模は莫大

ここから本文です

見えない将来性

text:Jim Holder(ジム・ホルダー)

【画像】最近流行りの「復活劇」【EVとして復活するクルマ3選】 全55枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

クラシックカー関連のイベントは世界各地で開催されている。小さな村で行われる20台程度の小規模なものから、サーキットなどで行われる大規模なものまで、旧車ファンを楽しませるイベントは幅広く、奥が深い。

しかし、エンジン車の廃止やEV化が進む中、クラシックカーは年々厳しい状況に追い込まれている。

おすすめのニュース

サイトトップへ